五金

板場通信Staff Column

台風直撃!(by えーちゃん)

台風15号が来て酷い災害に遭った方はたくさんいると思うのですが、(私は九州の出身なので小さい頃から台風の経験は多いのですが)台風当日の夜は少し軽く見ていました。
仕事を終えた10:30くらいに店を出た時が雨の一番のピークで駐車場に行く間に、ずぶ濡れになる状態でした。
※この時は、くるぶしくらいまで水が溜まってしまいましたが、これはその後の予兆だったんですね。

同じ時間に帰ろうとしたリョウスケは(いつも原付で来ているので、)帰るのが大変だろうと思い、家まで送ってあげることにしました。
車で帰ろうとしても店の前もかなりの水が溜まって川のようになって車のタイヤが半分くらいまで浸かっている状態で、送っていく途中途中、すごい水たまりで少し恐怖を感じるほどでした。
リョウスケの家の近所まで行ったら川が氾濫していたのでもっと酷い状況になりました。
どうしよう!このままでは辿り着けず家に帰れないからリョウスケを家に泊めようかな?と思ったほどです。
そんな心配をしたのにリョウスケは彼女と会う約束をしていたのでそこで別れたわけですけど・・・(^^;)
※後日確認したら二人共無事でした。

自分の家(静岡市)に帰る途中は、いろいろな所が車でハザードを焚いて停まっていました。いつもなら それほどかからない帰り道ですが安倍川の手前までは大変でしたが、安倍川を越したら大丈夫でした。
※この時は焼津の方がひどい被害に感じられました。

翌朝、いつものように8時過ぎに家を出ましたがいろいろな所が通行止めで150号もダメ、大崩れもダメでいろいろな所からバイパスに乗ろうとするのでどこも渋滞でした。
8時に家を出たのに店に着いたのは11時でした。
店に着いたらみんなから寝坊だ!って言われてこんな出来事が遭ったことを信じてもらえませんでした。
・・・とは言え、お店のスタッフは皆無事で何よりでした。
まだ被害が続いている皆さんが早く日常が戻ってくることを祈っています。

※写真は五金の横を通る用水路の当時の様子です。水があふれて道が見えなくなっていました。

(2022.10)

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る