赤ムツ

お客様から「赤ムツって日本海の魚じゃないの?」と聞かれます。石川県の代表的な魚が赤ムツだからかもしれませんが、こっちにもいます(笑)
だいたい青森から九州まで水深200~300mくらいの所に生息しています。
他の地域では底引き漁が多いのですが、こちらでは釣りです。
赤ムツのエサになる桜エビやハダカイワシは水面まで来て深い所へ戻る動きをしていますが、水面は川から流入した栄養分をとり、深い所では別の栄養分を摂っています。
この栄養たっぷりのエサを食べている駿河湾の赤ムツが一番美味しいと思います。
赤ムツは美味しく 脂の質もいいので刺身、炙り、煮物、焼き物、寿司 どれも美味しいです。
東京の方で駿河湾の赤ムツが美味しいと評判になってしまいましたので高価な魚になってしまいました。
もし赤ムツを見つけたら是非 ご賞味ください。

(2020.11)

この他にも・・・
生がき(2個)

蒸しあわび(肝醤油)

生しらす

冬の逸品へ戻る