五金の大掃除

普段からダクトの拭き掃除などは行っていますが、年に3回(年末・お盆・年末~お盆の間のどこか)大掃除をします。
コンロにこびりついた油を焼き切り(※)、ダクトの中までキレイにして整理整頓します。
ダクトの中をキレイにすると空気の流れが良くなります。

五金が今のように新しくなってから28年ほど経ちますが定期的に掃除しているので調理場は綺麗です。
大掃除の時には親方はもちろんですが、若い衆に頑張っもらって人海戦術で頑張ります。

いつもきれいにすることで美味しいお料理を皆様に届けることができます。

(※)家庭では火力が弱いし天井が低いので火事になる恐れがありますからマネしないでください。
この他、五金の大掃除ではキレイにするための薬剤や劇薬などを使っているためマスクとゴーグルは欠かせません。

(2021.1)

五金の逸品へ戻る