真鯛のあら煮

寿司屋に行けばつまみと言えば定番中の定番です。
あら煮と言っても鯛の頭のあら煮はあら煮の中では高級なものの一つですし、見た目にもインパクトがあります。

美味しさのポイントは、次の2点に尽きます。
1)どうしても黒くなってしまうあら煮ですが、鯛は赤い魚なので色を残すように煮る事。
2)煮ることよりも下処理でウロコをはじめとした不要なものをきれいに掃除する事。

魚の頭には骨がたくさんあり食べづらいけれど骨と骨の間にある身が美味しくてお酒飲みながらこれを探し出して食べるのも楽しみの一つですね。

鯛一匹に一つしかないから希少価値としてもいいんじゃないでしょうか?(^^)
(常にあるものではない)看板メニューであり定番メニューですが、早い者勝ちの逸品です。

数に限りがありますのでお早めにどうぞ。

冬の逸品へ戻る