アンコウ鍋

口と歯以外はすべて食べられるために「捨てるところがない魚」と言われる
アンコウは冬~春は脂がのって美味しい時期です。

そして、ゼラチン質が豊富で骨が多い魚ですが骨は丸みを帯びているのでノドにつっかえることがなく骨の周りの身や皮やゼラチンをしゃぶりながら食べていただけます。

ポン酢よりも少し強めの味付けにしていますのでアンコウから出たダシを楽しんでください。

写真を見て分かるようにこのボリュームで十分アンコウを食べた!
という気分になれ栄養満点です。
大鍋もご用意しておりますのでご宴会などでご利用ください。

春までなので残りわずかの期間ですのでお早めにお召し上がりください。

冬の逸品へ戻る