しんこ

しんこはすべての魚の1年目を指しますが通常しんこと言えば こはだの稚魚を指します。

握りでは(しんこが)小さいので3~4枚使って握ります。
そして同じ大きさのものを使いたいことや時期的に短い期間のものなので希少価値があります。

東京銀座では時期のはしりの頃に「1巻 7,000円までなら出す!」というお客様もいるようです。
このようなお客様がいることはうれしい限りですが、五金ではそんな高価ではなくご提供しています。

期間限定の粋を楽しんでください。

夏の逸品へ戻る