焼き万願寺唐辛子

万願寺とうがらしは伏見とうがらしと、外国の大型とうがらしの交雑種として京都市内の万願寺地区で作られたことからついた名前です。

唐辛子といっても辛くなく、食べていると後味で若干ピリッと来るくらいで辛さが苦手な方でも大丈夫な逸品です。
唐辛子というよりもピーマンに近くピーマンよりも甘さがあります。

鮮度のいいものを歯ごたえが残る程度にサッと焼きました。
この時期だけの京野菜です。
揚げても美味しくいただけますが、今回は中を取り除いて土佐醤油にネギや生姜や鰹節などの薬味を喰え和得てお召し上がり下さい。

夏の逸品へ戻る