コハダ

旬は寒くなる今頃です。
コハダは学問上では"コノシロ"と呼ばれ、
"しんこ"→"コハダ"→"なかずみ"→"このしろ" と名前が変わる出世魚です。

"このしろ"になってしまうと大きくなりますが、塩などが滲みこんでいかないため寿司屋では使われなくなります。
"コハダ"は脂がちょうどよい具合になり美味しくなります。

夏に獲れる"しんこ"と"コハダ"は同じ魚といっても初ガツオと戻りガツオと同じよように好みが分かれます。

※かつおと同じように"しんこ"は縁起物で「江戸の粋で食べる」みたいなところがあります。

コハダは酢や塩の加減が店によって違う(=店の味がよくわかるといわれる)ので寿司屋には欠かせないネタですが、そんなことは気にせず五金の味を美味しく楽しんでください。

冬の逸品へ戻る