新子

新子は新子~小肌~ナカズミ~コノシロと大きくなっていく出世魚です。
「粋」の極地とされるのが新子です。

この新子は昔は8月上旬から出始めたのですが平成になると6月後半~7月上旬くらいに東京から出始めるようになりました。
でも、1キロ7~10万の仕入金額なので手が出るものではないです。
仕入れがこんな値段だと1貫3000円くらいですし、サイズが小さいです。

ようやくこの時期になると値段も安定していますし、そこそこのサイズになってきたので
これから1か月くらい(=7月中旬~8月中旬まで)は新子の爽やかなあっさりとした江戸前の仕事を味わえます。
ぜひ、お召し上がりください。

(2020.7)

夏の逸品へ戻る