寒いけど、海の中は春になってきたようです。
生のトリガイが入るのは5月くらいなのですが、今年(2016年)は当たり年で型のいいものが出回っていると魚屋さんからの情報が入りました。

でもこの魚屋さんいわく本番の5月になったらパタッと止まってしまうかも・・・とのことでした。

春によくなる貝といえばトリガイとか青柳とかが代表的ですが、冬の貝も残っているので春と冬 両方の貝が楽しめます。
貝の彩りもさまざまなのでこちらも楽しめます。

上の写真にはないのですが、白ミル貝や(もう少し温かくなれば)アワビが入ってきてこれからの季節は貝が豊富になっていきます。

貝の季節を楽しみましょう。

五金の逸品へ戻る