しゃこ

これからの時期がシーズンです。
(写真の)殻つきのものが北海道小樽のもので大きいです。
もう一つの剥いてあるのが三河のものですが、両方とも味がしっかりしていてどちらもオスです。

売られているものはメスが多いのですがメスは卵を持っているためパサパサしています。
オスは身がしっとりして身味がいいので五金ではオスを入荷しています。

殻の付いたままで売っているのを寿司屋さんでもめったに見ることがありません。
そのため、お客様が殻つきの"しゃこ"を見て「これ何?」というのもうなづけます。
この状態から注文が入って剥くので水分も抜けません。
"しゃこ"の話題になると水分が抜けているものを食べているため「"しゃこ"はパサパサしているから好きじゃない」と言われますが五金の"しゃこ"を食べるとイメージが変わります。

身味がしっかりして、しっとりして(卵を持たないオスだから)パサつきもなく、寿司にしてもつまみにしても良し。タレでも塩でも美味しくいただけます。

秋の逸品へ戻る