アンキモ

アンキモの元はアンコウですが国産や中国産などあります。
その仕入原価は雲泥の差ほどの違いがありますが、食べてみれば断然国産のものがしっとりとして、甘みがありとても美味しいです。

国産のものはそのままでもいただけますが、アンキモは内臓部分ですのでどうしてもクサミが残ります。
これらを板前たちの丁寧な作業の末、さらに美味しくいただけるよう調理します。

その過程は血抜き→綺麗な水でさらし→塩→酒でさっと洗い→蒸す。
一つづつの工程には時間をかけて『五金』のアンキモが出来あがります。
少々高いと思われるアンキモですが自信の一品です。
どうぞお召し上がり下さい。

冬の逸品へ戻る