秋口は北場の魚

この時期は誰がなんと言っても北場の魚がおいしい時期です。
(一般に「北場」とは三陸~北海道をさします。)

北場には、どんな魚がいるのか?と言うと・・・
・「きちじ(通称:キンキ)」
秋口から冬が旬のキンキ。脂がのっているので煮付け・干物・塩焼きなど、さまざまな食べ方ができる。
北場を代表する魚。

・「ヒラメ」
10月くらいから地(=地元)のものが上がってきますが、まだ夏枯れの状態(=まだ脂が乗り切らない状態)なので、この時期はやはり北場のヒラメが美味です。

その他には、語るに足りる北場の魚の代名詞「秋刀魚」
秋から初冬にかけ北海道沿岸に接近してくる「秋シャケ」この秋シャケから取り出したスジコをバラバラにして『五金独自の醤油』ダレにつけた「イクラ」
※写真は醤油ダレにつける前のイクラです。

などなど北場のおいしい魚をたくさん取り寄せていますので、ぜひご賞味下さい。

秋の逸品へ戻る