初ガツオ

初ガツオの季節になってきました。
昔から「初ガツオは女房を質にれてでも食べろ!」と言われますが本当に美味しいのでしょうか?

カツオは9月から3月くらいまでは沖の方を泳いでいますが、4~5月になると黒潮に乗って近海を泳ぎ始めます。

昔は、近海で釣る事ができない間は、カツオを食べられずガマンしていました。
この事から、春先になるこの時期は先を争ってでもカツオを食べようとしたのが「初ガツオ」の所以です。
この事が「初ガツオは~」につながります。

※今では大型船や高速船を使って遠方のほうで漁をし、鮮度を保ちながら市場に出す事ができるので1年中カツオを食べる事ができるようになりました。

カツオの美味しさは、春先から秋口にかけて三陸沖まで北上し、帰ってくる(脂が乗った)「戻りカツオ」の方がおいしいと言われる方もいらっしゃいますが、春先で栄養を採りはじめた少し青臭さが残る「初ガツオ」の方が好きだと言われる方もいらっしゃいます。
漁の時期で味わいが変わるカツオをどうぞ味わって下さい。

春の逸品へ戻る