穴子

江戸前の少し太めの穴子を使っています。
穴子は醤油で煮て寿司ネタ、白焼き、天ぷら、フライなどいろいろな食べ方が楽しめます。
最近は、白焼きにしたものをスダチで召し上がる方も増えてきました。

穴子はゆっくりと時間をかけて柔らかく煮上げていきます。
甘めの煮ツメをたっぷり塗って、お好みによっては山椒をふることもあります。
お好みの召し上がり方をお申し付けください。

写真下は、穴子をさばいているところです。
穴子をさばくためにはいろいろな技術を駆使して包丁を使います。
職人の経験が活かされる瞬間です。

夏の逸品へ戻る