◆ 牡蠣



北海道厚岸(あっけし)の牡蠣を使っています。
厚岸の牡蠣は昔から有名でした。
北海道なので年中「冬牡蠣」を食べられます。
(少しだけ外れる時期はありますが・・・)

厚岸(あっけし)の牡蠣は水温が低いので成長が遅いです。
そのぶん、身が締まるのと北海道なので昆布も美味しくプランクトンも多く
栄養価が高くなるので、どちらかといえば岩牡蠣に近いクリーミーな感じです。

厚岸(あっけし)の出口の仙鳳趾(せんぽうし)のものは
潮の流れが強いのでさらに旨味があります。
加えて殻に比べて身が大きいです。見た目からも「デカいなぁ〜」と感じます。
広島の牡蠣と味が違うので広島の牡蠣が出てきたら味比べをおススメします。


この他にも・・・うしお汁

蒸しあわび肝醤油

生しらす

冬の逸品へ戻る

Copyright gokin All Rights Reserved.