◆お寿司屋でもっと遊びませんか?


寿司屋のカウンターに座るお客様は食べる以外に話をしたり職人さんの動きを見たり
いろいろな楽しみ方がありますが、
もっと一緒に楽しみたいな!と思い提案をさせていただきます。

五金のネタケースには常に40〜50種類のネタが用意されています。
このネタをそのまま寿司にしてくれ!というのは通常ですが、
「これとこれを合わせてくれないか?」
「これをもう少しアレンジできないか?」
巻物では「イカとイクラを巻いてくれ!」とかキュウリとトロを巻いてくれ!」
・・・といった注文が頂けるお店にしたいな!と思います。

ウニを塩で食べるのもアリです。タレを塗るのもアリ、炙りを入れるのもアリ、
いろいろなアレンジを入れるのもアリです。

今回はその例を作ってみました。例えば・・・
○イカ
イカを食べたい年配の方はイカが固いので敬遠しがちです。
でもイカは食べたいんです。
ではどうしたら柔らかくなるのか考えてみました。
包丁の目の数を多くして歯切れよくしました。どう包丁を入れるのか?
見た目よくして炙れば香ばしさも出ます、そこへ塩を入れて
柑橘系の柚子で香りをつけてあっさりと食べられます。
○甘海老
鮮度のいい甘海老なので集めた脳ミソの色も変わらずカニみそみたいな感じで
蒸して上に乗せました。
甘海老にさらに甘海老!みたいな感じで仕上がりました。
○ヒラメ
TVで見ていたものを参考にしました。シャリにとネタ(ヒラメ)の間にウニを挟みました。
ウニの香りが鼻に抜けてネットリした感じになります。
白身とウニの相性がいいです。焼津の方は白身を敬遠しますが、
この濃厚さは好きになると思います。
○巻物
ざっくりなんでも巻けます。「歯ごたえが欲しい。」「甘みが欲しい」etc...
リクエスト受け付けます。
子ども向けには玉子巻がウケています(^^)

この他にも・・・蒸しあわびげ

茄子

長芋そうめんと蒸し雲丹

五金の逸品へ戻る

Copyright gokin All Rights Reserved.